絆ロゴの後援

ホーム> 絆ロゴの後援

後援を頂いています

●    ARシステム株式会社 (AI×VRシステムの企画・開発・販売)

       代表取締役会長 兼 CEO 雜賀 美明 様  

 

弊社では、VRコンテンツの仮想空間上でのキャラクター(アバター)に、AIの会話エンジンを組み込み、スムーズなコミュニケーションができるインタラクティブ型のAI×VRシステムを開発しています。
ロゴマークは企業名だけではなく、商品名、ブランド名、店舗名、キャラクター名、グループ名など、応用範囲は
生活の様々なシーンに展開してきており、今後は人工知能を使ったロゴデザインの制作やマッチングにも大きな広がりをみせそうです。
「アイルーン絆ロゴ」は、その独創性と神秘性によりビジネスを加速させるアイコンの役割を担っています。
新しい出会いを演出する至高のアイテムとしておすすめします。

 

 

●   オギサカ株式会社 創業者

       株式会社ヒューネット 元代表取締役社長・会長(上場会社)

       NPO「国際経営塾」 理事、    赤坂綜合グループ 代表

       一般社団法人アジア環太平洋経済同友会

       理事長    荻坂 昌之 様 

 

今までには無い、全く新しい「ロゴのレンタル」という発想に大変興味を持ちました。

今後の事業の発展に期待しています。

 

 

●    東西株式会社

       代表取締役社長 佐脇 功一 様

 

弊社の理念は『人がすべて』です。人材サービスはすべて人の力に支えられています。

人と人との絆を一つの形で象徴できる絆ロゴ。シンプルですが、我々の大きな想いを乗せてくれています。

 

 

●   株式会社ヒューマン・プロジェクト

      プレジデントプロデューサー 宮本 康永 様

 

 昨今、市場における商品価値を高める為に、各企業は様々な取り組みをしています。

「アイルーン絆ロゴ」は、その商品価値をより付加価値の高い意味合いに導く事の出来る可能性を持っています。

 ロゴのついた商品は、「贈る側」、「受け取る側」それぞれにとって、思いを伝える手段となりえます。

今後の「アイルーン絆ロゴ」展開に期待をしています。

 

●    株式会社ダブルエー・ホールディングス

       代表取締役社長 兼 CEO 皆川 一 様

 

様々なロゴマークは、今、街を歩けば無意識に自分自身の脳内に入り込んできます。

しかし、そのほとんどが企業名がデザインされた潜在顧客に対する企業戦略のパーツとして使用されています。しかし、絆ロゴは、限定された企業名ではなく、潜在的な心に『愛・永遠・平和・希望・幸運・健康』という汎用的、

且つ永遠的な意味を持ち合わせています。故に絆ロゴには普遍的で潜在的なパワーがあり『自分たちは守られている』という連帯感が生じるのだと私は思っています。 

 

 

●    東亜ディーケーケー株式会社  (東証一部上場) 創業者

       名誉顧問 山下 直 様

 

●   三英オフィスサービス株式会社 (三井物産株式会社取引会社)

      代表取締役社長 神山 快三 様

 

小さなロゴには限り無い、深く大きな意味が有ります。絆ロゴに沢山の夢と希望を託して、多くの商品とメッセージを送りたいですね。

 

 

 

 

 

お問い合わせ

「ルーンロゴ」は、登録商標です。

「ルーンロゴ」については、お気軽にお問い合わせください。

Go to Top